自分らしさを表現できる注文住宅だからテレビとソファの位置にもこだわってみたい

design 2018.08.28

注文住宅のメリットは、自分の思い描く理想の家を手にできること。自分や家族にとって居心地のいい家をつくるために、各空間をどのようにしようかとアイディアを巡らせるのも楽しいひとときでしょう。特に家族が集うリビングは、みんなにとっての憩いの場。くつろぎの空間にするためには、窓の位置や大きさ、照明、壁紙などどれも重要な要素です。なかでも、テレビとソファの位置関係はキーポイント。そのレイアウトパターンをいくつかご紹介します。

リビングでの過ごし方をイメージする

住まいの中心ともいえるリビングは家族が集まる大切な場所。設計においても、重点を置く方が多い空間です。どのような間取りとインテリアにするか、さまざまなアイディアを膨らませるでしょう。

その際に取り入れて欲しいのが、リビングでの過ごし方。昨今では、ソファでゆったりしながらテレビを観ることに加え、パソコンで仕事をしたり、スマートフォンやタブレットで遊んだり、寝そべりながら読書を楽しんだりというスタイルも増えています。また、子どもの遊び場とする家庭も。すると、ソファの前にテーブル、その前にテレビを置くという定番の配置から、テレビをソファと直角になるように置くといった配置にすることもあります。

また、センターテーブルの代わりにサイドテーブルやオットマンを置いたり、背面なしのソファで一方に座るとテレビを観ることができ、もう一方から座るとデスクに向かってパソコンが打てるなど、家具の選択肢も広がります。リビングの過ごし方を検討することで、間取りのアイディアの方向性が決まってくるでしょう。

ソファとテレビの位置関係を考える

さて、リビングの必須アイテムともいえるソファとテレビは、どのような位置関係があるのでしょうか。リビングの採光に欠かせない窓も含め配置をみていきます。

1.窓に対してソファとテレビを直角に置く。

この場合、ソファとテレビは平行になります。テレビを観ることも、外を眺めることも可能なため、多くの家庭で好まれているパターンです。窓の前に遮るものが少ないことで光もふんだんに入りますが、太陽の位置によっては日差しでテレビ画面が見づらいことも。その場合はカーテンで遮ったり、観葉植物を置いたりなどの工夫をしてみましょう。

2.窓の前にTVを置く。

ソファの位置はテレビと直角に置く、またはテレビと平行に置くパターンがありますが、どちらの場合も外の景色とテレビを楽しめる贅沢なレイアウトです。しかし逆光になるため、テレビが見づらいことがあるかもしれません。

3.窓の反対側(壁側)にテレビを置く。

ソファの位置はテレビと直角に置くパターンと、窓の前に置くパターンがあります。直角に置くパターンは外の景色が楽しめ、窓の前にソファを置くパターンは背後に暖かな日差しを感じながらゆったりくつろげるでしょう。この位置関係は、テレビを置く壁が1か所しかない間取りや、空間を縦長に見せたいときに最適です。日差しがテレビ画面に映りこむ可能性が大きいため、カーテンやブラインドなどで日差しを遮る工夫を。

このほか、部屋を広く見せたい方には部屋のコーナーに斜めにテレビを置くパターンがおすすめです。

また、この位置関係にプラスアルファの情報として、その二つの間の最適な距離も知っておくといいでしょう。テレビは視聴距離が近すぎると画像の荒さが目立ち美しい映像を楽しめません。逆に、遠すぎると小さな文字などがはっきり見えないことがあります。そのため、一般的にテレビ画面の高さの約3倍が最適な視聴距離といわれています。これを目安にリビングの広さとそれに合わせたテレビの大きさも検討すると、バランスのとれた美しい空間に仕上がるでしょう。

注文住宅ならではの自由設計を楽しもう

イメージ通りに設計できる注文住宅は、自分らしい居心地のよい空間を実現します。キッチンからリビングや庭を眺めたい、和室をリビングにつなげて和洋のくつろぎ空間をつくりたいなど、さまざまな希望を形にできるのが最大の魅力でしょう。

さらに、細かなところも自分の使いやすいようにつくることができるのもメリット。たとえば、電源を入れていないときのテレビは真っ黒ですから、空間に大きなインパクトを与えがちです。その場合は一面だけデザイン壁にして黒色を目立たなくさせたりします。また、コンセントの位置は使いやすい場所に設置しながらも配線が見えない美的空間に仕上げることも可能です。

そうしたデザイン性を重視しながらも暮らしやすい住宅をルカーサデザインは提案します。ショールームには建築関係の書籍も置いてあるので、自分好みの住まいを夢見るひとときも楽しめます。

Architect Interview

大松 篤郎 西川 大祐
LUCASA DESIGNHEAD OFFICE・杉並ショールーム

〒168-0081 東京都杉並区宮前5-19-1
tel:03-5336-6895 fax:03-5370-1380