子どもがのびのび育つ間取りの考え方 学習意欲が高まる子ども部屋とは?

life 2018.09.27

子どもたちにとって家の中は、成長に欠かせない重要な場所。両親や兄弟と一緒に様々なことを経験しながら、必要なことを日々学んでいきます。家の中でも出来るだけのびのびと育てていきたいですよね。しかし、新築の我が家でいざ住み始めてみると「間取りで失敗した!」と感じる方が少なくないようです。その内容として主にあげられるのは、「子ども部屋が足りない」「子どもが自由に動き回れるスペースがない」「家族で集まる場所がない」などなど。将来の生活を想像せずに間取りを決めてしまうと、取り返しのつかない後悔につながってしまいます。そこで今回は、様々なライフプランに対応できる間取りの考え方についてご紹介します。

「オープンプランニング」が広さを生み出す

スマホが普及した現代は、ゲームやメールに没頭するあまり、家庭内のコミュニケーションが疎かになりがちです。子どもたちが部屋にこもらないようにしつつ、のびのびと育てるにはどうすればいいのでしょうか。
それには「オープンプランニング」という考え方が有効です。これは住宅内をキッチンやリビングに分けるのではなく、同じ空間にまとめる方法を指します。
最大のメリットは、玄関からリビング、ダイニングやキッチンまでを一つの空間として広々と見渡せること。開放感を感じながら、室内でのびのびと体を動かすことができるようになります。
それに家族で顔を合わせることが多くなるので、会話も生まれやすくなります。小さなお子様がいるご家庭では、家事をしながらでも成長していく子どもたちの姿をいつでも見守ることができます。忙しいママたちにとっても嬉しい間取りと言えるでしょう。

「スタディコーナー」がやる気を引き出す

子育てでどの家庭も避けては通れないのが、「子どもをどのようにして机に向かわせるのか」ということ。体を動かしてエネルギーを発散する子どもたちにとって、机の前でじっと座っていることは、本来「不自然」なことなのかもしれません。
だとしたら、いかに「楽しく」勉強に取り組めるのかが重要になってきます。そのためにまず考えるべきなのは、机をどこに置くのかということです。
小学校低学年までは集中力が続かないため、リビングにスタディコーナーを設置するのがオススメです。家族がいつも見守ってくれている環境は、精神的な落ち着きをもたらし、集中力の向上が期待できます。分からないことをすぐに質問できることも、大きなメリットと言えるでしょう。

また子どもにとっても、見守る両親にとっても、学習に取り組んでいるのかどうかが分かりやすくなり、間違えやすい箇所(弱点)や得意な内容を知ることができます。その後の対策を立てやすくなることに加えて、家事をしながら学習状況を確認できることも嬉しいポイントです。
それに母親が家事をしている横で勉強に取り組めば、「ママも頑張っているし」とやる気になることも多いのではないでしょうか。
スタディコーナーを設置する際には、将来のことを考えて広めに設計することをオススメします。2、3人座れるスペースがあると、親子や兄弟で並んで使えますし、ノートパソコンなどを使う場合でも余裕を持って使えます。コンセント部分も長さに応じて、多めに確保しておきましょう。
家族と一緒に取り組みながら、お子様が学習を「楽しい思い出」として受け取ることができれば、やる気と成長につながることは間違いありません。

また、リビングに広くスタディーコーナーを設けられない場合には、階段下のスペースや、収納用のスペース等を有効活用し、PCコーナーとして設けてみるのもいかがでしょうか。
旦那様のワークスペースとして使用したり、お子様が大きくなったときのPC学習としてもご活用いただけます。

「2ドア1ルーム」で楽しい部屋づくりを

小学校中学年以上のお子様には、プライバシーを尊重した「子ども部屋」が必要になってきます。しかしながら、成長に合わせて家族にとって最適な間取りは変化していくもの。個別の部屋を用意しても、「使わなくなって物置に」というケースも少なくありません。
そこで今注目されているのが「2ドア1ルーム」。広めの部屋に2つのドアを設置する空間設計を指します。家族のライフステージに合わせて使い方を自由に変えられるので、「夫婦のみ」、「赤ちゃんが生まれてから」、「子どもの独立後」まで幅広く対応できます。
小部屋として区切るよりも広い空間が確保できるので、様々な使い方を想像することができ、楽しみ方が広がります。小さなお子様が思いっきり遊ぶことが出来ますし、成長に合わせて家具などで仕切ることも簡単。一緒に話しながら、家族にとって最適な部屋作りを楽しめるのです。自由にカスタマイズできるので、お子様たちの学習意欲も自然と高まるのではないでしょうか。

このように、同じ広さの敷地でもちょっとした間取りの工夫で、のびのびと空間を使うことが出来ます。最初から仕切り壁で使い方を制限するのではなく、広い空間を確保しておくことが間取りで成功するコツです。
ライフプランを家族で話し合いながら、より良い使い方について楽しく考えてみましょう。

Architect Interview

大松 篤郎 西川 大祐
LUCASA DESIGNHEAD OFFICE・杉並ショールーム

〒168-0081 東京都杉並区宮前5-19-1
tel:03-5336-6895 fax:03-5370-1380